NIHUプログラム イスラーム地域研究

日本語  /  English


イスラーム地域研究

ホーム > イスラーム地域研究 > 研究代表者挨拶

研究代表者挨拶

研究代表者からの挨拶

「イスラーム地域研究」は、イスラームとイスラーム文明に関する実証的な知の体系を築くことをめざす新しい研究分野です。その開拓と推進のために、2006年より人間文化研究機構National Institutes for the Humanities(NIHU)と共同で、中心拠点の早稲田大学と、東京大学、上智大学、京都大学、東洋文庫とを結ぶネットワーク型の共同研究であるNIHUプログラム「イスラーム地域研究(IAS)」が始まりました。

本プログラムの第1期活動は5年間続き2011年3月に終了しました。そして2011年4月からは第2期活動が新たに始まり、2016年3月まで続くことになっています。

21世紀初頭の世界は、9・11事件(2001年9月11日)をかわきりに、混乱と戦火がアフガニスタン、イラクをはじめとして各地に広がりました。さらに記憶に新しいところではチュニジア、エジプトなどから始まった「民主化」を求める民衆を巻き込む動きが、どのような影響と結果をもたらすのか未だ見えないままに、各地へ飛び火しています。世界全体を揺り動かすことになるであろう、イスラーム地域におけるこのような激動が、いまなお進行している現在です。

これらの諸問題を正しく理解するためには、イスラームと各地域のムスリム社会のあり方を実証的に明らかにすることが必要です。

本プログラムの第2期においては、第1期(2006−11年)の研究成果を基礎として、研究テーマや課題を絞り込み、研究を深化・発展させることによって、日本におけるイスラーム研究・教育の特色ある拠点形成をめざします。具体的には、以下の3点を主要な課題として共同研究活動を展開していきます。

1.

現地の研究者、研究機関との国際的な共同研究を実施し、「他者」と「当事者」双方の目を通してイスラームと地域の係わりを分析することにより、現代イスラーム世界について実証的な知の体系を築くと同時に、その理解の深化をはかる。

2.

次世代のイスラーム研究を担う若手研究者育成のために、部局の枠を越えた大学院教育の組織構築を検討するとともに、大学間の協力に努める。各研究拠点の活動が、イスラーム地域研究に関する大学院教育の充実につながるよう配慮するとともに、国内・国外の若手研究者が本イスラーム地域研究へ参加することを積極的に奨励する。

3.

以上の課題を踏まえたうえで、イスラーム地域研究のネットワークを構成する各拠点は、研究・教育環境、現有の研究スタッフ、担当する研究分野、独自予算の充実などを視野にいれながら「特色ある拠点づくり」をさらに推進する。

以上のような趣旨をご理解いただき、第1期よりさらに多くの方々に参加・協力していただくとともに、社会の広い層のみなさまのいっそうのご支援をお願いする次第です。

研究代表者 桜井 啓子